離婚の弁護士費用のご案内

以下、全て別途消費税です。

弁護士費用の概略のご説明

当事務所では、下記の基準により行っております。
法律相談の際に、適切な法的手続き、その際に生じる費用についてご説明させていただいております。

着手金 弁護士が依頼を受けて行う業務に対する対価として、依頼を受ける際にお支払いただくものです。
報酬金 成功の結果が得られたとき、得られた結果に対して、お支払いただくもので、事件の結果が判明した時点で、成功の度合いに応じて発生するものです。
実 費 裁判所に納付する予納金、郵便切手、各種謄本取得費用などがかかる場合があります。
日 当 遠方の裁判所に出張する際等に必要となります。

離婚の弁護士費用のご説明

  着手金 報酬金
交渉・調停 20万円~30万円 20万円~30万円
裁 判 30万円~50万円 30万円~50万円

財産分与・慰謝料等の財産的給付を伴うときは、追加の費用が加算されます。
依頼者の方の経済的事情、事件の複雑さ、事件処理に要する時間等を考慮して決めさせていただきます。

弁護士費用について、よくある質問

(法律相談の前に)費用はいくらですか?

 法律相談の前に、「費用はいくらですか」と聞かれることがあります。
 しかし、内容をおうかがいしないと、弁護士が入るべき事件であるかどうかも分かりません。
 法律相談の際に、内容をおうかがいし、法律的な問題点等をご説明し、依頼者の方と相談した上で、どのような法的手段をとるかが決まり、その内容によって費用も変わってきます。
 法律相談後、正式に依頼をお受けするときは、手続の内容に応じた費用をご説明し、十分納得いただいた上で受任致します。
 また、受任契約書にも報酬の計算方法等が記載されています