結婚する前に(若い女性へ)

 30代になってから振り返ると、いかに20代の頃は子どもだったかと思うものです。
 ああ恥ずかしい。と思うこともあるのではないでしょうか。

どこが良かったの?

 彼のどこが良かったのですか。
 優しいところ?
 彼のどのようなところから優しいと思ったのですか。
 必ず家まで送ってくれる人には要注意。収入が変わらないのに必ずおごってくれる人には要注意。そのようなことは続けられるものではありません。結婚したらとたんに豹変することがあります。
 むしろ、駄目なところが見える人の方が安定感があります。最初から分かっていたのでいいか、という気にもなれます。駄目なところを上回る良いところがあったわけでもありますし。
 ただ、逆に全くごちそうしてくれないような人も要注意。非常にケチだということなので。とにかく極端に変わったところがある人は、それが結婚後どうなるかを考えてみましょう。
 この人のどこが良くて結婚したのだろう と思う人が沢山います。
 周りから見れば、駄目であることは明らか ということもあります。
 20代で恋愛をすると何でも美化してしまうので要注意。
 ただ、これを過ぎて先を想像できるようになると、結婚できなくなってしまうのも事実です。

結婚して変わる人は沢山いる

 外面がいい人は沢山います。結婚したら変わる人は沢山います。「釣った魚にえさは要らない」式の人は沢山います。
 DV男性も、結婚前からDVというのは少ないです。
 今あなたの目に映っている彼の映像は、今の映像にしかすぎません。
 何があるか分かりません。
 今が永遠に続くと思ってはいけません。
 彼に好きな人ができるかもしれないし、あなたに好きな人ができるかもしれません。
 3組に1組は離婚するのですから、離婚するかもしれません。
 それでも、彼と結婚したいですか。
 そうであれば、前に進みましょう。
 うまくいくかもしれないし、失敗するかもしれない。失敗しても何か得るところがあればいいではないですか。それが人生です。
 でも、離婚する確率は3分の1なので、特有財産は、結婚後の財産とは別に、管理しておいて下さいね。