結婚前に喧嘩を

特に女性へ。

結婚前に喧嘩をしましょう 対立を恐れてはいけません

 自己主張ができない人が沢山います。
 自己主張ができなかったことが、根本の離婚原因である人が沢山います。
 自己主張ができないと、相手に自分の気持ちが伝わらず、溝ができ、相手は怒り、自分も辛く、溝が深くなっていき、埋められない程の溝となったというパターンは多いです。
 あなたが自己主張しなければ、あなたの気持ちが彼に伝わらないのは当然です。
 自己主張してみなければ、あなたから意に添わないことを言われた時、彼がどのような態度をとるかも分かりません。
 結婚前に、いい格好ばかりしないで、自己主張しましょう。それで、意に添わないことを言われた時の彼の反応を見ておきましょう。彼は歩み寄ろうとしましたか。よくあなたの話を聞いてくれましたか。それとも無視したり、暴力的になったり、怒り出したりしましたか。
 もし、熱々の時期に歩み寄るところがなければ、普通は結婚したらなおさら歩み寄りは期待できません。
 暴力的な態度があれば、結婚したらDVに走るかもしれません。
 表立っては怒らず、わなわなと震えて怒る人は、結婚してからも、陰湿に怒るかもしれません。   喧嘩をしながら、コミュニケーションをとる練習をしましょう。
 自己主張してみて、全く気持ちを分かってもらえそうになければ、外形的にはどんなに良い条件の人であっても、結婚はよく考えましょう。本当に人の気持ちが分からない人っているのです。そのような人を、人の気持ちが分かるようにすることは極めて困難です。

 アドラーは、自己主張をしない人は自己主張しなかったことにより生じる結果に責任をもたなければいけないと言っています。
 自己主張をすることにより生じる軋轢が怖くて自己主張しなければ、後で利息がついて、何倍にもなってその結果があなた自身に返ってきます。
 自己主張が苦手でも、やっているうちに慣れてきます。
 がんばりましょう。